【予約優先制なので安心!】横浜市青葉区、市が尾で腰痛改善・骨盤矯正なら、かねこ中央整骨院へ

お気軽にお問い合わせください

時間外でも施術しますので
ご希望の方はお気軽にご連絡ください

市ヶ尾の整骨院が『孤独のグルメ』をみて肩凝り腰痛を説く

皆さんは『孤独のグルメ』をご存知でしょうか?来月からまた新しいシリーズが始まるらしく知る人ぞ知る人気ドラマ。内容は 輸入雑貨商を営む主人公が営業先でみつけた飲食店で食レポをするというお話。これだけ読むとつまらなそうですが主人公を演じる松重豊さんがいい味を出していて、何となく見入ってしまいます。お店自体は本当に存在する店舗なので気に入った料理が出てきたり知っている土地のお店だったりすると何となく気になってしまい心をくすぐられます。孤独のグルメというタイトルどおりいつも一人でグルメを堪能する姿が時代にマッチングしていて受け入れられているのも人気の要因かもしれませんね。ではグルメと肩凝り腰痛との因果関係は?実は包丁の使い方ひとつで随分と肩凝り腰痛が軽減されたりしていくものなのです。私も最近、お休みになると家族に食事をふるまったりするのですが、そこでわかる事は包丁で硬い物を切ったりするだけでも余計な力がはいってしまうのだな感じます。手や腕だけにはとどまらず、いつの間にか歯で食いしばったりしてしまう自分に気が付くと包丁の使い方も奥が深いなと思います。月に何度か包丁を握るだけなので仕方がないかもしれませんがプロの方はそういった基礎がしっかり身についているので痛めずらいのだなと感心しています。習うより慣れろ。まだまだ料理に慣れない超初心者の私ですが意外と料理も面白いかもと思う今日この頃です。

市ヶ尾の整骨院が月9の象徴、キムタクをみて肩凝り腰痛の改善法を語る

最近は毎日のように何かのドラマを視聴するようにしています。申し子かもしれませんがトレンディードラマの代名詞といえば木村拓哉さん。視聴率男で当時は彼が出るドラマが話題にならない事はなかったのではないでしょうか。彼が身につけるもや演じるものは社会現象となり爆裂的に人気がとなっていたのを今でも思い出します。その中でも思い出されるのが『ラブジェネレーション』。このドラマを見れば当時の流行りモノがすべてわかると言っても過言ではありません。ローレックスやポーター、ロン毛に広告代理店など人気が急上昇したのもこの作品の影響が大きかったと思います。何しろ当時のキムタク効果は凄まじいものがあったと思います。歌って踊って演じれる。それだけではなく休日はサーフィンをしたりとアクティブに過ごしていると何かで読んだことがあります。プライベートもカッコいい。そんな彼があまり病気をしたり入院したというわさが出ないのはいつも充実した時間を過ごしているからかもしれませんね。時間がなくてもいつも動き回っていたりするといい悪いは別にして肩凝り腰痛を気にしている暇がないのかもしれませんね。

『ショーシャンクの空に』をみて肩凝り腰痛を語ってみた

最近は、コロナ渦という事もあり映画館に足を運ぶこともないですが私にもお気に入りの映画がいくつかります。最近では子供と一緒に観に行った『鬼滅の刃』がお気に入りです。最近の映画もいいですが若かりし頃観ていた映画でどちらかというと2000年より前の映画がお気に入りの物が多く、今回は『ショーシャンクの空に』をご紹介。ご存知ない方やご覧になっていない方はネタバレありなので気を付けて読んでください。ストーリーは冤罪で捕まった主人公が脱獄するお話。冤罪をかぶり劣悪な刑務所の中で過ごす絶望の日々の中、小さなロックハンマーを片手に壁を掘り1人で脱獄を企て約20年という歳月をかけて脱獄を成功させるというヒューマンドラマ。刻一刻と変わりつつある世の中と変わらない刑務所の中の流れをリンクさせて時の流れの残酷さを表現しいるところが素晴らしくお気に入りの作品です。主人公が20年間コツコツ穴を掘る作業に徹することが出来たのは受刑者の誰よりも希望を持っていたからでしょう。私だったら考えただけでも気がおかしくなりそうですが主人公はそうはならずにかんばり続けたのです。肩凝り腰痛なども元々そこには自分の歴史が刻まれていて出来上がっています。ですから突然よくなる事を期待しても難しいはず。そんなことを踏まえて辛い症状を抱えながらよくなるんだという希望をもち今の自分と向き合う事が大事な要素だったりします。コツコツ治療を重ねながら途中、停滞したり悪化する場合もあるかもしれませんがめげずにそして焦らず治療する事が体を良くする早道だと実感しています。

『ユージュアル・サスペクツ』をみて肩凝り腰痛のやケガの本質をみてみる

ご存知の方も多いかもしれません。『ユージュアル・サスペクツ』未だにたまに見たくなる作品です。当時はレンタルビデオ全盛でレンタルが開始された時にたまたま友人に勧められて見たのを覚えています。いまでも当時の衝撃が忘れられず見てしまう作品です。映画が公開されている当時は話題作も多く、そんなに注目されていなかったと思いますが蓋を開ければアカデミー賞を受賞する作品となっていました。何がそんなに良かったのかなと思うと脚本はもちろんですが見る側の目線でつくられている所だと思います。私自身は何の先入観もなく最後の最後まで映画にどっぷり見せられていたので最後の数分はまるで手品でも見せられているかのような気分にさせられたのを覚えています。最後まで完全に作り手の術中にはまった作品でした。 この作品を見るたびに体の中でも同じような現象が起きているのではないかと思わされます。肩凝り腰痛やケガでお悩みの方がいるのであれば、それは完全にあなたの中のカイザーソゼが架空のお話をでっちあげている事が原因だと思います。何を言っているかはわからない方は是非作品をご覧下さい。

市ヶ尾の整骨院が『ドライフラワー』の優里と肩凝り腰痛を解析してみた

最近は私もよくYouTubeをみる事が多い。スマホ一つで視聴できる事もあり何となく気になるサイトをチェックしては、すき間時間にみている。お気に入りのサイトはいくつかあるのだが最近のお気に入りは『First Take』。プロの歌い手が持ち歌を一発撮りするという動画サイト。私自身は音楽に精通しているわけでもないが視ていると臨場感が伝わってくる。一回にかける想いが素晴らしく感動すら覚える。その中でも優里さんが歌う『ドライフラワー』が最近のお気に入り。歌っている姿はすでにベテランの域に達しているような感じで独特の声もそうだが何か人を魅了する印象を受け最近繰り返し見ている。若い才能溢れる子達を見ていると本当に輝いて見える。私の友人にも歌が上手いと思う人は沢山いるがやはりうまいだけではダメなのだなと感じる。もちろん最近は作詞作曲出来る事が問われているがそれ以上に何か心震わせられるような人でなければ世に出てこれないのかなと感じる。歌っている姿を見ると肩の力も抜けいい感じの力の抜け具合で歌っていると思う。こういった感じの状態あれば体の不具合はないのではないかなと思う。

市ヶ尾の整骨院が『大豆田とわ子と3人の元夫』をみて肩凝り腰痛、老化を考える。

最近、患者さんに勧められて見始めたドラマです。内容は題名通り主人公と三人の元夫との関係性を描いたドラマで元夫達が個性派揃いで意外なストーリー展開で目が離せません。昔は私の父親がいつも同じような作品を見て面白いのかなと思っていましたが同じような世代になり何となくわかる気がします。新しい情報を入れる事はとても疲れる作業なのでそれを拒絶しているのだなと体感しています。そん事もあり最近は積極的に新しい情報を取りに行くように心掛けています。若者文化しかり新しいドラマしかり。意外と刺激になるし何よりも結構楽しいです。楽しい感覚が老化の予防になります。ぜひ皆さんも簡単な所から始めてみてはいかがでしょうか。

市ヶ尾の整骨院がドラマ「古畑任三郎」をみて肩凝り腰痛に関するポーズを発見

今はFODで昔のドラマをみて時代の経過を懐かしんでいます。最近のような気がしていてもドラマの中はその当時の流行の物が映されていて、時代の流れをっ感じずにいられません。そんなことを思いつつ最近お気に入りのドラマは「古畑任三郎」。名刑事を演じる田村正和さんが独自の観察眼と推理力で犯人を追い込む刑事ドラマです。このドラマだけではありませんがよく推理をするポーズで眉間に手をあてて考え込むシーンを見た事ありませんか?実はあれ比較的、理に適っているからあのポーズなんだなと思いました。あの眉間の先にはホルモンを出す場所があり思考を司るホルモンはもちろん精神を安定させたりするホルモンが出ていて肩凝り腰痛にも関連してくるのです。ですから疲れた時などは是非あの周辺をアイシングするだけでも気分がすぐれたりするので是非行ったみて下さい。

市ヶ尾の整骨院がドラマ「ガリレオ」をみて肩凝り腰痛を検証

最近は動画サイトの『FOD』に入会しドラマをよく見ています。「北の国から」を見たくて入会したのはいいのですがテレビ絶頂の頃の作品から最近の新作ドラマまで多数ありどれを見るかいつも迷っています。そんな中、最近は福山雅治さん主演の「ガリレオ」を視聴。内容は天才物理学者が仮説を検証して難事件を解決していくというストーリーです。すべての現象には意味があるという信念に基づき理論だてて答えを導き出す感じがとても気に入っいます。人の体も実は物理現象の考え方と一致しています。地球上で生きているという事を大前提として体の構造を紐解いていくと痛みの原因がわかってきます。人の体の痛みにも理由がありその理由を知る事が大事だったりします。自分の体の状態を知り解決していく事が健康の早道ではないでしょうか。

市ヶ尾の整骨院が「イチケイのカラス」をみて肩凝り腰痛を考えてみた

皆さん。4月から始まったドラマは何かご覧になっているでしょうか?私が今季お勧めしているドラマは「イチケイのカラス」常識やしがらみにとらわれない型破りな裁判官のおはなし。思い込みを捨てどんな事件も公正に判断する姿は見ていてとても面白い。特に主人公の竹野内豊さんは掴みどころのない感じがとてもよく真実を追求する姿勢が素敵だなと思う。木村拓哉さんが主演の「HERO」を彷彿とさせるような展開で見ていて面白いです。

我々の仕事に重ねると同じようなケガもしくは肩凝り腰痛でも実は原因が違う。実は十人十色の原因がありアプローチの仕方も様々である。真実が何かを見極める事は法も医療も同じかもしれないなと思わされたドラマである。

市ヶ尾の整骨院が「北の国から」をみて肩凝り腰痛予防に必要なものを解説してみた

先日、田中邦衛さんが亡くなったとニュースが流れて何か一時代が終わった感じがしてしまったのは私だけではないはずです。「北の国から」も素晴らしい作品でしたが田中邦衛さん個人に物凄い魅力があったのではないかと感じています。「北の国から」は私の世代でも見たことがない方がいらっしゃるかもしれませんが不器用な父親とその子供達との家族愛を描いたヒューマンドラマです。子供たちの成長と共に親子の関係性が変化していく一方で変わらない親子愛が描かれていて視聴者から共感を得ていたのではないかと感じています。そんなドラマと肩凝り腰痛に何の関係があるのかというとあの不便な生活の中に体を整えるキーがあります。薪わりであったり薪に火をつける際に息を吹きかけたりと今では行わないような事に肩凝り腰痛の改善ポイントがあったりします。昔は不便で面倒だったぶん骨格的には正常だったのではないかと推測できます。当院ではこういったモノを可変して体操を教えているので知りたい方はお問い合わせください。

ちなみに田中邦衛さんの出ている作品で個人的に好きな作品は『学校』です。気になる方は是非ご覧ください。