【予約優先制なので安心!】横浜市青葉区、市が尾で腰痛改善・骨盤矯正なら、かねこ中央整骨院へ

お気軽にお問い合わせください

時間外でも施術しますので
ご希望の方はお気軽にご連絡ください

市ヶ尾の整骨院が「浅草キッド」をみて肩凝り腰痛を語る

「浅草キッド」ご覧になりましたか?ネットフリックスでしか見れないのであしからず。内容はビートたけしさんとその師匠との絆を描いたストーリーとなっています。 親子愛にも似た師弟愛が描かれていて師匠と弟子、両者の想いがこの作品を引き立たせます。主役のビートたけしさんを演じる柳楽優弥さんの演技にも注目です。役者さんの凄さを改めて見せつけられる作品ではないでしょうか。ちなみに、挿入歌を歌っているビートたけしさんの歌声も味があってとても素敵です。興味のある方は是非ご覧ください。

市ヶ尾の整骨院が「イカゲーム」をみて肩凝り腰痛を語る

アニョハセヨー(笑)最近はすっかり韓流ブームとなりつつある私。韓国ドラマや映画は面白いなと思う今日この頃。すっかり一人で韓国のエンターテイメントにはまりドラマや映画を貪るように見ています。そのうちの一つがこれ。「イカゲーム」。ザックリいうと韓国版「カイジ」。100人が命懸けでゲームを行い最後に残った一人が大金をつかめるというストーリー。ゲーム内容は一人で行うものもあればチームを組んで行うものもありその都度、人間の心理が目まぐるしくもつれるのが見どころです。日本版「カイジ」をリメイクしたような感じにも取れるのですが、かなり面白いです。こんな時はアドレナリン出まくりで痛いとかそういった事も麻痺してしまい感じないでしょうが常にアドレナリンが出るような状況もあまりよろしくないので淡々と過ごしていく事が肉体的にもよいはずです。日々の積み重ねを大事にな何か一つでもよいのでストレッチなど行う事が肩凝り腰痛の予防策です。是非参考にしてみてください。

市ヶ尾の整骨院がお正月を過ごして肩凝り腰痛を語る

皆様、明けましておめでとうございます。お正月はいかがお過ごしでしたか?我が家は一家団欒で楽しいお正月を過ごさせていただき、あっという間にお休みが終わってしまいました。今年はお休みの間、天気にも恵まれ富士山を横目にウォーキングして心地の良い年明けとなりました。冬場は寒いせいかウォーキングされている方が減るので逆に得した気分にもなります。寒さに負けずに歩くと体もポカポカしお勧めです。1年の計は元旦にありという事でちょっと過ぎてしまいましたが何か体を動かしてみるのもいいかもしれませんね。 本日より通常通り診療しておりますのでお間違えの無いようにお気を付けください。 今年もよろしくお願いします。

市ヶ尾の整骨院が「イテオンクラス」をみて肩凝り腰痛を語る

アニョハセヨ〜

という事で今年もあと数日となりました。普段であればテレビの特番などをみてもうすぐ新しい年を迎えるなと感じるところですが最近は動画サイトばかり見ていてそんな事も感じずに年末を迎えております。そんな中、最近はネットフリックスで韓国ドラマや韓国映画を手あたり次第見ています。そして最近のお気に入りは「梨泰院クラス」。めちゃくちゃ面白いです。ざっくり書くと巨大組織に立ち向かう一人の青年のお話。大事なメッセージが込められていて都ても素敵なドラマです。人生を生きるという事はこれぐらいの覚悟がないとダメなのかもしれなと思わされる内容です。 何事も向き合い方で随分変わるかもと思わされるドラマです。 たかが肩凝り腰痛かもしれませんが人によっては夜も眠れないぐらいの悩みになっている方もいらっしゃると思います。肩凝り腰痛もあきらめずに真剣に取り組んでみてはいかがでしょうか?

市ヶ尾の整骨院が「バックトゥザフューチャー」をみて肩凝り腰痛を語る

言わずと知れた、名作ですね。30年以上経過した今見ても面白い。過去と現在、未来を行き来する中で人生において代々受け継がれている欠点を最後に克服するという、かなり奥の深いお話となっています。代々受け継がれている欠点を相棒の博士がいつも直した方がいいよとアドバイスしてくれているにもかかわらず聞く耳を持たない主人公。しかし未来 と過去を行き来しているうちにその欠点が原因で過去や未来がダメになっている事に気づきます。子供や孫その先の親族の為にその欠点を自分で絶つ事を決意する。未来を変えるには今を変えるそんなメッセージがこもった作品です。人には簡単に変えられる事でも自分では苦手な事ってありますよね。苦手な事を克服する事が人生の転機かも知れません。肩凝り腰痛も自分の生活を少し変える事で劇的に変化する可能性があります。肩凝り腰痛を克服したい方は是非、今日から時間を取り少し体を動かしてみてはいかがでしょうか。

市ヶ尾の整骨院が「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」をみて肩凝り腰痛を語る

いまNHKで「 阿佐ヶ谷姉妹の、のほほんふたり暮らし 」というドラマをご存知でしょうか。芸人さんの阿佐ヶ谷姉妹さんを題材にしたドラマで内容もよいのですか、阿佐ヶ谷姉妹役のお二人の演技力に脱帽です。何しろ話し方や間の取り方などがそっくりでプロの演者さん達の凄さを目の当たりにして驚くばかり。一流の演者さんになるとここまで寄せてくるのかと驚くばかりです。本物を知ってるだけにそれだけで面白いです。是非ご覧ください。

市ヶ尾の整骨院が「アルマゲドン」をみて肩凝り腰痛を語る

誰もが知る名作の一つではないでしょうか?これを見ていた当時は宇宙へ行く事などまだまだ先の話かなと思っていましたがあれから20年ちょとが経過して宇宙へ行くことが現実の世界になっている事を思うと流れの速さを感じられずにはいられません。それはさておき、地球の危機を救うべく14人の石油採掘のスペシャリストが小惑星を破壊しに宇宙へと旅立つ物語です。最高に面白い作品です。こんな作品を見ているとテンションがあがり痛みも忘れるかも。見た来ない方は是非一度ご覧ください。

市ヶ尾の整骨院が「ぼくらの七日間戦争」をみて肩凝り腰痛を語る

宮沢リエさんを見ると思い出すのがこの作品です。デビュー作だったと思いますが今みても色あせる事無く、個人的には名作だなと自負しています。この映画がきっかけで活字嫌いの私がこの本を書かれている宗田理さんの本を読み漁ったのを思い出します。ストーリーは厳しい規則に嫌気がさした中学生達が工場の跡地に籠城して対立する学校に反旗を翻すと言う内容です。子供ながらにワクワクしながら見ていたのを思い出します。作品の中学生達は明るい未来だけを見据えて行動しているので悲壮感は全くなく、むしろ希望に満ち溢れている感じがとてもよかったと思います。こんな感じの毎日が送れれば肩凝り腰痛も気にならないのではと感じさせる作品です。気になる方は是非一度ご覧下さい。

市ヶ尾の整骨院が映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を見て肩凝り腰痛を語る

なんか懐かしいよねと思う映画の一つではないでしょうか?昭和30年が舞台という事もありどれだけの人が「懐かしい」と思うかというリアルにこの時代を生き抜いた人の方が少ないと思います。しかし実際にこの時代を知らなくても何か懐かしくなってしまうそんな映画です。特に象徴的なのが東京タワー。作品の中で東京タワーが出来上がっていく経過で月日の流れを表している感じが何ともいいですね。まだまだ生活様式が和の時代、不便ではあったものの肩凝り腰痛予防には適した生活になっていたと言われてます。興味のある方は是非ご覧いただき何がよかったのか考えてみてください。答えが知りたい方は当院にてご質問下さい。

市ヶ尾の整骨院が映画『海賊と呼ばれた男』を見て肩凝り腰痛を語る

「荒波乗り越え舟をこぎだせば~♪」この映画を見終わった後は劇中歌でもあるこの歌がしばらく頭に残ってしまうはず。モデルは出光興産創業者だそうです。敗戦直後の厳し時代、いくつも難関に直面するもその都度乗り越えていきます。日本の未来を案じ、仕事に情熱を注ぐ姿は侍そのもの。主演の岡田准一さんが、若かりし頃から晩年まで演じますが先輩俳優達に物を辞しない堂々たる姿に男性でもほれぼれしてしまいます。いつも未来を見て頑張っていこうと思わされるそんな作品です。