【予約優先制なので安心!】横浜市青葉区、市が尾で腰痛改善・骨盤矯正なら、かねこ中央整骨院へ

お気軽にお問い合わせください

時間外でも施術しますので
ご希望の方はお気軽にご連絡ください

股関節捻挫

捻挫といっても突発的に捻ったものもあれば実は繰り返し軽微な捻りが加わり痛める場合もあります。そしてそもそも先天的な要素があり痛みが出てくる方もいらっしゃいます。突発的な捻挫でいえば高い所から飛び降りて強い衝撃を受けたり、股関節を強く捻ったりした場合に痛めます。繰り返しの動作などでいえば、階段を駆け下…

膝関節捻挫

膝関節捻挫とは、膝の関節に大きな外力が加わる事で関節を制御する靭帯、腱、軟骨、半月板に損傷が起こる事を指します。膝の内側にある内側側副靱帯損傷の発症頻度が最も高い事で知られています。膝関節捻挫は、スポーツ活動中などに膝関節に対して直接的あるいは間接的に外力が加わる事で起こります。膝関節に直接的に外力…

足首の捻挫

足首の捻挫はケガの中では最も多いケガの一つ。内側に捻るか外側に捻るかで痛める箇所が違いますが今回はスタンダードな捻挫を紹介します。足首を内に捻り外側の靭帯を痛める内返し捻挫です。内返し捻挫で痛めるのは上記の図の3つの靭帯で捻挫を3つの程度に分けます。Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度に分けてケガの重症度をしめします。…

オスグッド

オスグッドをご存じですか?正式には「オスグッド・シュラッター症候群」と呼ばれる、スポーツをする子どもに見られる症状です。走る、跳ぶ動作の多いサッカーやバスケットボールなどのスポーツをする、成長期の小学生から中学生に多く見られます。使い過ぎが原因です。走る・跳ぶ・蹴るなどの動作によって膝を伸ばす働きを…

シーバー病

シーバー病(セーバー病)をご存知ですか?。踵には骨の成長に関与する骨端線という成長線 (図の赤いライン) がありそこに痛みを発生するのがシーバー病です「踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)」とも呼ばれています。この疾患は、成長期の10歳前後の子供に特によく見られるスポーツ障害ですこの踵の骨にアキレ…

野球肘

野球肘とは 本来は内側上顆炎といいます。野球の投球動作によって肘を傷めてしまうスポーツ障害です。 野球は数あるスポーツの中でも肘への負担がかかる投球動作を繰り返すことが多く、特に小中学生での発症が目立ちます。 野球肘になる理由は上半身の使い過ぎによります。要は手投げになっている可能性が高いです。投げ…

シンスプリント

シンスプリントとは脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれており、脛骨というすねの骨の周りにある骨膜が炎症を起こすのが原因で痛みが出るスポーツ障害です。 骨膜は神経が豊富に通っているところなので骨膜の炎症が痛みにつながります。 運動時や運動後にすねの真ん中から下¹∕₃にかけてズキズキした痛みが生じます。 シンスプ…

起こりやすいスポーツ障害とリハビリ 種目別 野球編

肘、肩、腰 上半身の障害に関してはなるべく休ませること。その間に下半身を強化。走り込み。下半身強化をすることで肩や肘への負担が軽減されるので痛みのない程度のキャッチボールと走り込みがいいと思います。腰に関しては腰痛体操とウォーキングもしくは軽いランニング。

起こりやすいスポーツ障害とリハビリ 種目別 ランニング編

腰痛、膝痛、シンスプリント、足の疲労骨折 まずは患部をアイシングする事。そしてストレッチ。テーピングをする。テーピングをしても痛いようだったら別メニューでの調整。痛みのある動作は避ける。

スポーツ障害を予防しましょう⑦

スポーツ障害を予防する際に大事なことはやはり基本の動作ではないしょうか。野球で言えば素振りやキャッチボール。これらをゆっくり丁寧に行う事が大事だと考えています。素早い動きや難しい練習よりもゆっくりでつまらない基礎練習。誰でもできるけど誰もやらないような練習をコツコツやる事でパフォーマンスも上がるしス…